日本発、世界初のクラウドデザイン・プラットフォーム

海外向けのICO実施を決定しました。English page is here
日本向けの実施日程は未定ですが、サービスリリースに先立つ先行会員登録とトークンの無償配布は継続いたします。

注意: ご利用にはツイッターアカウントが必要です
利用規約をご参照下さい

2.8千万人のクリエイターを救う

サービスの構築/運営に関わるすべての皆さま、お待たせしました。
プランナーやエンジニアリングチームの夢の実現力を次の次元へと押し上げるため、私たちが特別なナレッジを提供します。それはサービス構築の最後の要、ITインフラストラクチャー構築プロセスを革新する「クラウドデザイン」です。

サービス構築プロセスの50%を占めるソフトウェア構築の世界は、2.8千万人のユーザーを抱えるGitHubのようなスーパーツールが変革してきました。そして今、私たちがクラウドデザインで残りの50%を変革します。致命的な情報漏洩や機会損失リスクが潜む領域にもかかわらず、必要な情報が十分に開示されてこなかったインフラストラクチャーの世界を。私たちはこれまで一部の人々しか知りえなかった良質なクラウドデザインを世界中の人々と共有し、チームの成功、ひいては人々が多様なサービスを安全に利用できる世界を創造します。
(詳細はホワイトペーパーをご覧ください)

クリエイターの夢の実現と、報酬の獲得

overview
クリエイターの努力に報いる報酬システム

クリエイターの努力に報いる報酬システム

1日あたり1.8万件以上登録される新規ドメイン[1]のすべてが何らかのクラウドサービスで運用されるなら、その構築現場には年間6百万件を超えるクラウドデザインが生まれ、眠っています。私たちはそれらを貴重な人類の英知ととらえており、十分な量の報酬(トークン)を用いてそれらを継続的に収集し続けます。クリエイターの皆さんはreindeerへのデザイン登録によって報酬を入手し、それを使って他のエンジニアやプランナー、その他トークンコミュニティの力を借りることができます。私たちの報酬メカニズムは、皆さんのサービス実現力を一段高いレベルへと押し上げることになるでしょう。
[1] http://www.verisign.com/en_US/domain-names/dnib/index.xhtml

無償のクラウド活用ノウハウ

無償のクラウド活用ノウハウ

例えば「AIを使ったオンラインカスタマーサポート」をサービスに取り入れる時、どんなクラウドサービスを組み合わせるべきでしょう?そのコスト相場は?reindeerが提供する無償のオープンデータが、その問いに答えます。私たちは独自のデザイン評価、探索アルゴリズムで、クリエイターにとって真に価値あるデザインを提供します。それらは広告目的でリコメンドされるカタログや、抽象的なデザインパターンとは一線を画す、生のデザインです。

誰も見たことのないプラットフォーム

CDML

革新的なデザイン言語「CDML」

私たちはクラウドデザインを表現するためのまったく新しいデザイン言語、CDML(Cloud Design Markup Language)を用意します。それはサービス利用者を詳細に表現する「ユーザー中心的デザイン言語」という点で革新的でありつつも、Cloud Formationなどの既存言語を拡張するため、最小限の学習コストで利用することができます。

reindeerトークン

ブロックチェーンが可能にする「reindeerトークン」

ブロックチェーンだからこそ実現可能なトークン発行、流通システムが、クリエイターへの報酬提供とその利用をしっかり支えます。本トークンが成しえる安定的な報酬生成とその透明な運用こそ、利害関係や広告意図に翻弄されないオープンデータとしてのクラウドデザイン流通を可能にする鍵です。

ワークフローシステム

組織課題に向き合う「ワークフローシステム」

reindeerはすべての個人に向けたサービスですが、同時に法人のサービス構築プロセスで生じる関係者調整や品質監査などの組織課題にも向き合います。私たちは良質なデザインの多くが法人IT部門などの組織内に眠っていることを知っているからです。それらの中に眠る貴重なデザインを白日のものとし、すべての人がその知識を活用できる世界をつくります。

圧倒的な成長パワーと私たちの存在感

マーケットサイズ

3,000億ドル超のマーケット

過去の予想を超えて2021年には3,000億ドル超への成長が予測されるクラウドコンピューティング市場。その中で私たちは、ベンダーやサービスの垣根を越えて人々にその正しい利用方法を伝えるという重要な役割を果たします。これは独立的な立場でオープンデータを提供する私たちならではの役割で、同市場そのものの健全な発展に直接的に貢献するものです。

重大事故の根絶

良質なクラウドデザインでクラウドコンピューティングの正しい利用方法を伝えるという私たちの独特な立場には、米国の1億世帯を超える世帯情報流出や政府情報の漏洩といった重大事故を、この世から根絶するパワーがあります。プロフェッショナルすら誤りを犯すクラウドコンピューティングの難しさは、組み合わせ次第で無限の可能性を発揮できるマイクロサービス化の中では避けられない副産物です。今後もその進展と無数の機能増殖が進む限り、私たちの存在感はますます重みを増すでしょう。

私たちの強い想い

私たちのミッションは、すべての人々がクリエイターとしてサービスのつくり手になれる世界の実現です。
ネットサーファーがブロガーやYouTuberへと進化して世界を面白くしたように、素晴らしいアイデアを持つより多くの人々がサービスのつくり手へと進化すれば、 世界はもっと豊かで面白くなると信じています。

そしてサービスのつくり手であふれる世界では、ジェレミー・リフキン氏が「限界費用ゼロ社会」で予言したように、生産力や富の集中の持つ意味が薄れ、それらを背景に広がった貧富の差や、 社会の持続性を破壊する大規模な資源収奪がなくなるかも知れません。

私たちはそうした未来を夢見つつ、本プラットフォームでクリエイターの活躍を支えます。
多様性と持続性を備えた社会で、すべての人々が等しく豊かな生活を送れる世界が現実のものとなるように。

ロードマップ

  • 1) 資金調達 6月 2018

    資金調達に向けて準備中

  • 2) クラウドデザインの事前収集調整を開始 12月 2018

    良質なクラウドデザインを持つ法人・個人との間で、事前収集の調整を開始する

  • 3) システム基盤のβ版リリース 4月 2019

    CDML、トークンメカニズムのβ版をリリース

  • 4) 操作支援・ワークフローシステムのβ版リリース 7月 2019

    CDML操作支援インターフェースとワークフローシステムのβ版をリリース

  • 5) データ提供APIのβ版リリース 10月 2019

    データの二次利用を促すデータ提供APIのβ版をリリース

  • 6) トークン流通を加速 1月 2020

    プラットフォーム利用者間での、デザインのカスタマイズや監査を目的としたトークン交換推進メカニズムを導入

  • 7) 広範囲なステイクホルダー間でのトークン流通を推進 4月 2020

    プロダクト開発や企画を含むサービス構築全体について、エンジニアやプランナーがトークン交換を通じて相互協力できるメカニズムを導入

  • 8) 法人向けサービス構築プラットフォームとしてのサービス拡大 10月 2020

    トークン流通の拡大を背景として、より高いサービス構築品質とスピードを求めるための事業者間資源交換プラットフォームへとサービスを拡充

  • 9) クリエイターのタレントシェアモデルの実現 4月 2021

    世界中のクリエイターが各々の能力を、reindeerトークンを使って相互にシェアし合えるプラットフォームへと成長する

投資家の皆様へ

本プロジェクトの成功に向けて、私たちは資金調達を実施する予定です。
詳細は各種SNSで最新情報をチェックしてください。

プロフェッショナルチーム

Shintaro Hara

Founder / CEO

システム開発会社の役員として新規事業開発や開発部門のマネジメントを行った後、2011年に独立開業。GoogleをテクニカルアドバイザーとしたPaaS活用案件の他、多数のナショナルクライアントや公共機関に対しIaaS等を用いたオンラインサービスの受託開発を行う。先端技術の積極活用が社会の進化とエンジニア個々の自己実現にとって重要と考えており、機械学習や自然言語/画像処理、地理情報システムなどの導入実績も多数。エンジニア歴は15年以上。The Definitive Guide to Plone日本語版技術監修。クラウドコンピューティング調達難度の上昇という課題、オープンなデザイン流通への取り組みを模索する中、いち早くブロックチェーンの可能性に気づいたIkeda 氏の声がけを機に、両者の融合こそが最適解と気づく。プロジェクト推進に長けたNakamizu氏を迎え、本プロジェクトを開始。

Yuki Ikeda

Co-Founder / Producer

東京大学出身。大学時代は、材料設計の研究を専攻し、物性データベースと第一原理計算、ニューラルネットワークを用いたデータサイエンスにより原子炉用最強金属組成を研究。公共財としてのオープンデータ、オープンアクセスの可能性に気づく。2011年に株式会社リクルートへ入社し、hotpepperBeauty、カーセンサー、リクナビネクストで、エンジニアを経て開発ディレクションを行う。個人では、ベトナムでOffshore開発会社を創業。人の持つ知識・知恵といった情報価値の可視化や新しい経済圏の創出、そして社会課題の解決をブロックチェーン技術を用いて実現できると考え、Hara氏へ声掛けしプロジェクトを開始。

Toshihisa Nakamizu

Co-Founder / Project Manager

大学卒業後、ソフトウェア会社にてシステムエンジニアとして大規模案件に関わった後、面白法人カヤックにてプロジェクトマネジメント業務に従事。ナショナルクライアントのWEBプロモーションを中心に多数のプロジェクトを経験。面白法人カヤック退職後、株式会社COMPASSを立ち上げる。 「小さな不便を少しだけ便利にしたい。」をコンセプトに、レストラン、幼稚園、老人ホーム、近所の八百屋さん。生活のなかにあふれている身近なものを便利にしていくアプリを開発中。同時期にLIGにチームビルディングとして参画。制作チームの統括としてチームビルディング、組織づくりを担当する。約2年間LIGに籍を置いた後、自社に戻り大小様々な案件のプロジェクトマネジャーに携わる。

Shogo Tsuruda

Designer

早稲田大学中退後、EC サイトの制作・運営を中心とした企業へ入社し、デザイナーとして従事。その後、株式会社アイ・エム・ジェイへ転職し、多数のナショナルクライアントのウェブサイト制作を経験。2016 年に独立し、合同会社スターラクシアを設立。 ナショナルクライアントからベンチャー企業まで、様々なジャンルのウェブ、UI デザイナーとして活動中。

Hidetoshi Nakano

Leagal

早稲田大学 政治経済学部 卒業
グローウィル国際法律事務所 代表弁護士
みらいチャレンジ株式会社 代表取締役
SAMURAI INNOVATIONPTE.Ltd(シンガポール法人) CEO
大学時代、システム開発・ウェブサービス事業を起業した経験を生かし、IT企業に特化した弁護士として活動。仮想通貨の法律についても熟知している数少ない弁護士。

FAQ

reindeerとは?
reindeerは日本発、世界初のクラウドデザイン・プラットフォームです。詳細はホワイトペーパーをご確認下さい。
新しいサービスやWebサイトをつくりたいと考えているプログラマー、プランナーなど、全世界のクリエイターに向けたサービスです、
何らかの形で資金調達を行う予定ですが、その方法については金融庁との協議結果を踏まえて検討中です。最新情報は各種SNSをご参照ください。
なぜブロックチェーン技術を利用するのですか?
オープンデータとしてのクラウドデザイン公開に際する透明性の確保と、デザインの登録を動機づける報酬システムとして、ブロックチェーン技術を利用しています。
クラウドコンピューティングの需要が世界的に伸びる一方、クラウドコンピューティングの調達ミスによるサービスダウンや情報漏洩が世界中で相次いでいます。その根絶とより安全でクリエイティブな世界のために、reindeerが大きな役割を果たすと考えています。
私たちは世界中の人々が等しく利用できるプラットフォームとなるよう準備を進めます。